我らが竜宮城もさすが疲れ果てている模様。
この星の尊さを無碍に扱う意識の低さが今吾らが目にする海です。
我らの意識と連動する生命の源。
汚れている意識が結んでしまったこの海を見ればさすがに心からの感動は溢れてこないですよね。

地球に生かされている、謙虚な姿勢、吾らの向ける意識は文明とともに消えていくのでしょうか・・・・・。
我らが足を運ぶ海岸、砂浜も純粋な自然調和といえるでしょうか。
浄化作用、美しき変容、無償の愛にどれだけの感謝が向けられているでしょう。
海の悲鳴、地球の叫びを昨今、我らは痛々しく感じるようになりました。
共存する場は残念ながらも失われつつあります。

海の尊さ、自然の尊さ、我らの肉体も自然の一部、海からいただいた命であること・・・・・、
そして痛みを、海を母のように感じることができたら、こんなにこの星は穢れることはなかったかもしれませんね。

当たり前なことだけど、母から生まれなかった人はいません。
蝕まれたアースマザーは、地球に生きる民のために今も必死に耐え続けています。
海を眺めては反省しかできない自分でありますが、
僅かな望みながらもいただいたご縁に我らができることはあると確信しつつあります。

海を理解することは己も理解すること。
内なる意識の変容は海を心から理解することから始まるのかもしれません。
見せるための行動ではなく、魂から揺れ動かされる後姿・・・。
行動に言葉はいりません。誠実に取り組む無言の語りかけ(後姿)に、我らは動かされていきます。

海は繋がっています。我らの意識も清く繋ぐことはできる、正しく変容できる・・・・・。
共生の原理・・・、美しいオアシスの再構築を願うばかりです。
透明の海と汚れた海、両極端の海を見るたびに思います。事実ではなく真実をみてほしい。

海は大義など喜びません。誠実な行動そのものが、この星の喜びです。
次世代に繋げる我らのお役目。透明な心で世界の海を美しく繋ぐ。
そんな地球の宝物を、この星に生かされている限り、次世代に残していきたい・・・・・。 
海はひとつです☆

海洋冒険家 & プロウインドサーファー
中里尚雄